みんなのデータ

ウィッグをまだ使わない理由

  • つけるのが難しそう。
    よくうかがう不安ですが、初めての方でもうまくつけられるよう、スタッフが丁寧に説明します。また、ウィッグの固定ピンも種類が豊富でつけやすいものを提案します。
  • 暑そう。
    ウィッグをつけると蒸れたり不快になるのでは?という意見を多く聞きます。でも、軽くて通気性のよいベース構造で頭皮にやさしいので、その心配はありません。
  • 風に飛ばされそう。
    強いイメージとしてあるようですが、大丈夫です!ウィッグのネットについているピンでしっかり固定すれば、そのような心配はありません。
  • 値段がわからない。
    多く聞く声ですが、一律でいくらとはお伝えできないのがオーダーメイドならではなのです。カウンセリング後、お見積りを提案しますのでご安心ください。

ウィッグの知らなかった

  • ウィッグの魅力は?
    「分け目の地肌の目立ちなどが、つけるだけで解消する(58.8%)」「時間がない朝でも簡単につけられて時短に(51%)」など、手間いらずで簡単な点が好評のよう。
  • オーダーメイドのお値段はどのように決まるの?
    「ベースの大きさ(つけたい部分に合わせる)」「髪の長さ(自毛に合わせる)」「分け目の広さ(ベースの肌色部分)」で、基本的なお値段は決まります。
  • ウィッグの寿命は?
    つける頻度や扱い方で差が出るので一概には言えません。ただ、メンテナンスやアフターケア次第で良い状態は保てます。使い捨てでなく、使い続けられるのが魅力。
  • ウィッグが完成してから髪形は変えられる?
    もちろん変えられます!ストレートをウェーブに、長さを短くなど自在です。変えたいと思ったら、気軽にレディースアートネイチャーにご相談ください。
  • ウィッグは人工毛?人毛?
    人毛と人工毛を合わせる『混毛』が主流です。人工毛は技術の進歩で、人毛と見分けがつかないほどの質感に。形状記憶加工を施し、崩れにくいという特性も完備。
  • 普段のお手入れは?
    ほぼ毎日ウィッグをつけている方は、気持ちよくお使いいただくため、週1〜2回を目安にご自宅でお手入れを。専用のクリーナーやトリートメント剤もあります。
  • アフターサービスは?
    ウィッグ購入後は、専任ヘアスタイリストによるウィッグと自毛の定期チェックからお手入れ法まで、多くのサービスが受けられます。オーダーメイドウィッグならではです。詳しくはこちら。

※このページに掲載しているデータは「髪のお悩みに関する意識調査(2018年9月)」株式会社アスマーク調べ(サンプル数40代50代女性合計500名)

WEBに載ってない
ウィッグの疑問、掲載中!

無料カタログプレゼント