会社沿革

昭和40年(1965) 個人営業にて「アートネイチャー」を創業(4月)。
昭和41年(1966) 東京都千代田区麹町に最初の相談室を開設。
昭和42年(1967) 株式会社アートネイチャーを設立(資本金100万円)。 オーダーメイド専門の男性かつら会社として、マスコミの注目を集める。
昭和44年(1969) 東京都渋谷区代々木に本社社屋を新築・移転。カウンセリングから、製作、アフターサービスまでの一貫体制が整う。
昭和45年(1970) 分け目、つむじ、生え際などが一段と精巧にできる特殊人工皮膚を独自に開発。
昭和48年(1973) 少しずつ増やしていく段階増毛法「トリプル増毛法」を開発。
昭和52年(1977) 「マジックタッチ」の改良型「ソフトタッチ」、「NSP」をさらに進めた製品「ミクロ」を発表。つけ髭「アートネイチャー・ビャード」を開発。
昭和57年(1982) バーグマン社(ドイツ)と技術提携。毛髪素材、増毛法等の共同研究に着手する。養毛剤「若露」を発売。
昭和58年(1983) 人工毛「アートロン」を開発。これにより毛髪素材は、「人毛から人工毛」へ一斉に切り替わっていく。
昭和59年(1984) 待望の増毛法「マープ」が完成。ベース素材を使用しない画期的な増毛法は一躍注目を集める。
育毛システム「フォリアトール」、増毛「ヘア・インテグレーション」の展開と合わせて、総合毛髪企業へと大きく始動。
昭和60年(1985) 自毛を活用した装着技術「ミクロポイント」を発表。
昭和61年(1986) 繊維タイプによる瞬間増毛「アートミクロン」を発売。
昭和62年(1987) 女性用分野への進出を本格的に開始、「レディースアートネイチャー」を発表。
国内外の研究者を一堂に「バイオサイエンスシンポジウム」を開催する。
平成元年(1989) 女性のための増毛法「レディース・マープ」を発売。
平成 2年(1990) 新増毛法「マープエクストラ」を発表。 現在地に本社社屋を新設・移転。
平成 3年(1991) 新潟県村上市に国内物流拠点「商品物流センター」を設立。
平成 4年(1992) 抗菌性を付加した新しい毛髪素材「アートロンZ」を発表。 新技術「スーパー2000」を発表。
平成 5年(1993) ステップアップ増毛システム「マープREX」を発売。
平成 7年(1995) ヘア・スペシャリストの養成所「ヘア・アカデミー」を開校。
平成 9年(1997) 新増毛法「スーパーインテグレーション」を発売。
平成10年(1998) 「スカルプケア企業」宣言。新育毛システム「R-01育毛システム」を発表。
ベース構造にストレートラインを採用した女性用ウィッグ「ピュアライン」を発表。
社会貢献活動の一環として、髪に悩みをもつ子供達にウィッグを無償提供する「リトルウィング・ワークス」を発足。
平成11年(1999) 総合ヘアケアシステム「メディキャングロウシステム」を発表。
平成12年(2000) 新ポリエステル系人工毛髪「アートマックス」を発表。
平成13年(2001) 育毛システム「ヘアコントロールシステムCB-αコース」を発表。
髪のWEB相談室(kami2323.com)を開設。携帯サイト、アートネイチャーモバイルを開設。
女性専用サロン1号店「レディースアートネイチャー銀座サロン」をオープン。
平成14年(2002) ユーロテック ヘアシステムズ社(Eurotech Hair Systems,Inc./フィリピン)を子会社化。
平成15年(2003) グラフティング技術を採用した増毛製品、毛髪革命「ヘア・フォーライフ」(HFL)を発売。
育毛システム「R-02育毛システム」を発表。女性用ウィッグ「Jカラー」を発売。
平成16年(2004) 当社初の女性用育毛剤「アクアフィータ」を発売。シャンプー等、関連ヘアケア製品をシリーズ化。
「HFLプロ」「HFLパーシャル」「HFL DSL」に全頭型対応の「HFLエクストラ」を加え、新たに「ヘア・フォーライフコレクション」として展開。ビコールヘアー エクスポートコーポレーション社(Bicol Hair Export Corporation/フィリピン)を子会社化。商品物流センターの倉庫拡充。
平成17年(2005) 顧客管理のための新システムであるCRM(My-Do)を導入。新時代の女性用ウィッグ「セレア」を発売。新育毛システム「スカルプ・ヘアケアシステム」を発表。
平成18年(2006) 業界初「3D型取りシステム」導入。ユーロテックヘアシステムズ社を完全子会社化、社名をANフィリピン社へ変更。
平成19年(2007) ジャスダック証券取引所に株式を上場(2月14日)。株式会社カイゲンとの共同開発によるサプリメント「King of Konbu R」発売。新育毛「スカルプ・ヘアケアシステム 活発毛プログラム」発表。
平成20年(2008) 社会貢献活動の一環として乳がん検診の啓蒙活動「ピンクリボン運動」への支援を開始。レディースファッションウィッグ「ジュリア・オージェ(Jullia Olger)」発売。「ヘア・フォーライフ グラデーションシステム」発売。
平成21年(2009) アートネイチャー マニュファクチャリング フィリピン社(ANMP)が運営する新工場が操業開始。<バタンガス州 サント・トマス市 ファーストフィリピン工業団地内> 女性用ウィッグの新ブランド「プリマドンナ」発売。 ジュリア・オージェから医療向けウィッグ「ANCS」(アンクス)発売。ジュリア・オージェ新ブランド「エミュウ」発売。
株式会社東洋新薬との合弁会社、株式会社ビューティーラボラトリを設立。
平成22年(2010) 楽天市場、Yahoo!ショッピングにオンラインショップをオープン(アートネイチャー・オンライン)
国内子会社 株式会社MJO設立。
伝統的な縫製技術「いせこみ」を用いた女性用ウィッグ「ヌードファイン」発売。
平成23年(2011) 瑷特丽发(上海)贸易有限公司を設立
平成24年(2012) 特定保健用食品「明日葉で作ったおいしい青汁」発売。
国内子会社 株式会社AN友の会を設立。
薄さわずか0.08mmの超極薄のベース素材を開発、男性向け増毛商品「レクア(REQUA)」を発売。
ANシンガポール社を設立。
平成25年(2013) スカルプケア商品「ラボモ スカルプアロマ」シリーズを発売。
東京証券取引所市場第一部に市場変更。
ヘアファンデーションパウダー「アートミクロンプラビ」発売。
平成26年(2014) 海外生産子会社 ARTNATURE(CAMBODIA)INC.を設立。
百貨店向け新業態ウィッグショップ「マリーボーテ」1号店を熊本・鶴屋百貨店内にオープン。
ANマレーシア社を設立。
芸能用かつら製造・販売会社の株式会社アート三川屋を設立。
平成27年(2015) アートネイチャーカンボジア社(ANKH)が運営する新工場が操業開始。
白髪染め「ラボモ スカルプアロマ ヘアカラートリートメント」発売。
まつ毛用美容液「アートラッシュセラムリッチ」発売。
平成29年(2017) 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院(東京都港区)内に「ヘアサロンアンクス(ANCS)虎の門病院店」を出店。
男性向けスキンケア商品「ラボモ」スキンケアシリーズ発売。
平成30年(2018) ジュリア・オージェから和紙の持つ作用に着目したウィッグ、「さらら」を発売。
令和元年(2019) 自社通販サイト、アートネイチャー・オンラインで公式ショッピングアプリをリリース。
女性用ウィッグ製造・販売会社のNAO-ART株式会社の株式を取得し、子会社化。
中国向け越境ECサイト「天猫国際(Tmall Global)に旗艦店を出店。
男性用育毛専用サロン「LABOMO(ラボモ)銀座」をオープン。
令和2年(2020年) 洗って使えるマスク「さらっと和紙マスク」発売
細菌・ウィルスの感染予防に消毒液「泡きらら」発売
女性用発毛剤「LABOMO ヘアグロウ ハナミノキ」発売