アートネイチャー

文字の大きさ

MENU

経営方針

ディスクロージャー・IRポリシー

ディスクロージャーポリシー

1.情報開示に関する基本方針

株式会社アートネイチャー(以下、当社といいます)は、すべての株主及び投資家の皆様に対して、適時開示規則に該当する重要情報を公平、正確かつ適宜適切に提供するために、会社法、証券取引法及び東京証券取引所が定める適時開示規則に沿って情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない場合でも、株主及び投資家の皆様に当社についての理解をより一層深めて頂く上で有用と判断される情報につきましては、積極的な開示を行うことを基本方針としております。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所に事前説明後、同取引所及び国内の証券取引所が運営・利用する適時開示情報伝達システム「TDnet(Timely Disclosure Network)」によって開示してまいります。

3.業績予想や将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、業績予想等将来の見通しに関する情報の提供を行う場合があります。これらは、その時点における一定の前提あるいは、仮定に基づく将来の見通しであり、その内容を保証するものではありません。従って実際の業績は、リスクや経済環境の変化など様々な要因によって、その予想と大きく異なる可能性があります。従いまして、当社の業績、企業価値を検討するにあたりましては、これらの見通しのみに全面的に依拠されることはお控え頂けるようお願い申し上げます。また、当社は第三者によるいかなる業績予想についても、支持することをいたしません。

4.沈黙期間について

当社は、決算情報等の漏洩を防ぎ、情報の公平性を保つため、事業年度末(中間会計期末及び第1・第2・第3四半期末)の翌日から決算発表日(四半期財務情報開示日)までを「沈黙期間」と定め、決算内容等に関するコメントや質問に対する回答を差し控えさせて頂きます。ただし、当該期間中に公表済みの業績予想と大きく乖離する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い速やかな情報開示を行ないます。

5.投資判断について

当ウェブサイトに掲載されている情報は、当社の財務情報および経営情報のご理解を深めて頂くためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関します決定は、利用者ご自身のご判断で行われるようお願いいたします。

IRポリシー

当社は、当社の持続的な成長と企業価値向上のためには、株主との建設的な対話を促進するための体制整備が重要と考え、株主との対話の窓口として、経営企画部IR室を設けています。

  1. 株主との対話に関しては、経営企画部IR室が直接の窓口となり、これを統括する取締役として、代表取締役会長兼社長及び経営企画部担当取締役を指定しております。
  2. 経営企画部IR室は、株主との充実した会話を可能とするために、財務・経理部門、総務部門、営業部門等との間で定期的に会議を行い、決算等の開示・説明について、各々の専門的見地に基づく意見交換を行うといった連携を行います。
  3. 株主に対しては、個別面談のほか、決算説明会、株主懇談会、当社ホームページによる情報開示等の実施により、当社の経営戦略や事業環境に関する理解を深めていただくような活動を実施します。
  4. 経営企画部IR室にて把握した意見等については、適宜経営会議や取締役会において報告・共有します。
  5. インサイダー取引防止規程を定め、定期的に社内教育を行うなど、インサイダー情報の管理に留意します。